1.18.2018

日常

1/14(日)16時:関空から自宅に到着、野菜を買いに行く。
18時:ヨーガクラス

1/15(月)10時、15時、18時ヨーガクラス
21時〜お一人鍼灸治療

1/16(火)10時、18時ヨーガクラス

1/17(水)鍼灸治療御二人、20時岩盤浴ヨーガ

1/18(木)東京へ

帰宅直後から余韻も楽しむ間もなく日常に戻っちゃいました(*^o^*)
でもフィリピンで学んでいた先生とオンラインレッスンを週一でやることに。早速火曜に一度やりましたが、オンラインレッスンはもどかしい〜
ぼちぼち続けます。。

by tomoko

1.15.2018

タンバデリック

タンバデリック新展開。
ぶたイラストはお気に入り。

ghostwriter





1.13.2018

おしまい。

予定通り4週間経ち、卒業しました。
お恥ずかしながら私のもともとの英語レベルが低いのでひと月勉強しても大したことはないのですが、、色んな意味で自分なりの成果はあったと思います。。

明るくて優しい先生方やスタッフの皆さん、田舎町のいい環境、経営者(フィリピン人、韓国人、日本人、ロシア人の4名の共同経営)の方々も同じ施設で寝泊まりしている事にビックリでしたが、とにかく安全面も考慮されており、安心して滞在できました。
卒業日に日本人経営者の方と話す機会がありましたが、四人の経営者皆さんが同じ志を持ち、この町の雇用を真剣に考え、教育を作り(同じ敷地内に地元の方のための私立学校も併設)、学校の他にもITの会社をいくつか立ち上げ、先のことを真剣に考慮している経営展開に心打たれました。実際に少しずつ発展しているみたいです。

私はフィリピンの他の語学学校を知りませんが、他を知っている方はまたここで学びたいと言っています。
私もまた来ようかな…。
紹介してくれたYさん、ありがとうございます!言っていた通りでした(^-^)
丹波の家にはテレビがないので知りませんでしたが、私が来る前にお笑い芸人さんがしばらく滞在してたそうです。よく知らないのだけど(^^;;

by tomoko

1.10.2018

フィリピン25日目

あと丸3日で帰国です。
授業はあと2日。
明日はスピーキングテスト、明後日は卒業式があります。早いなぁ〜。

帰国間近ともなると、日本に帰ってからしなければならない事が頭の中をぐるぐる駆け巡ります。そろそろ正気?に戻らなければ…。

帰ったら仕事以外のやりたい事も沢山あるわけで。
とにかく料理がしたい…そして野菜中心に楽しみたいな。フィリピンのご飯はスパイシーなものがほとんどないので、辛いナムルとか辛いインド料理とか作ろう…。

学校のゴハンは若者向けなのか、肉と炭水化物多めのセルフサービス。私はどうも盛り付けセンスがない。写真はランチで、見た目より味は美味しいです。ランチのスイーツは部屋に持ち帰って、夕方の授業が終わったらコーヒーと一緒にいただきます。
朝晩のセルフヨーガ以外は、運動はほぼ皆無だったので、夕食は食べずに部屋で味噌汁だけ(たまに持参した乾燥野菜や餅入り)で過ごしました。

私の3人の先生は本物の雪をまだ見た事がないとのこと。

by tomoko

最近のシゴト_06




いわゆる成人式撮影ですが、本気でやる。

ghostwriter

1.07.2018

スグレモノ

今回の旅行用に購入した携帯用電気調理器はコンパクトでちょっとだけ重いけど(全部で500gくらい)、とても役に立ちました。お湯を沸かすのはもちろん、お米も炊けるし卵や野菜も茹でられるし大活躍。これは国内でも海外でも常に持参することに決定(笑)
以前の長旅では、カップに電熱棒を差し込んでお湯を沸かす物を友人から借りたけど、それだとお茶かコーヒーかインスタントなものしか飲めない。
今回も携帯用ミニ湯沸しポットと迷ったけどこっちにしてよかった。
火力は調節できないけれど、コツをつかめばおいしくお米も炊けます。普通に調理できるもんね。(わざわざ調理しなくてもいい環境ではあるのですが…なんせこんな性分なものでたまには自分で作りたいの)
鍋、どんぶり、蓋、フォーク付きスプーン、袋までついて送料無料¥2726でした。変圧器も不要。

炊いたご飯は、善意でいただいた梅干し、海苔、醤油で食べてますm(_ _)m
直前に家に置きざりにしてきた乾燥納豆が恋しい…なんて贅沢だよね。

by tomoko

1.05.2018

陽気

フィリピンの人は実に働き者で(この学校で働いている人達が特にそうなのかもしれないけど)、朝6時前には洗濯物を取りに来てくれて(早いのでカゴに入れて部屋の外に出しておく)、庭掃除の音も聞こえ、早朝から鼻歌交じり。

一般道を走るバスは24時間動いているらしいし、学校の授業は8時からスタート。
1日3回くらいはシャワーを浴びるのは普通で、
23時頃まで近くのレストランではカラオケのような音楽と歌が大音量で鳴り響き、みんなよく食べよく歌いよく喋ってとても明るい。歌って踊れると人気者になれるそう。

フィリピンはスペイン、アメリカ、日本に侵略された歴史があり、さらにマルコス独裁政権などを経験したのちに民主主義の可能性を感じるものの、政治がまだ不安定なので今後どうなることやら目が離せない。。
以前滞在したインドとは宗教も人の考え方も質も全く違うので比べようもないのですが、私はこの僅かな滞在で陽気なフィリピンがとても好きになりました。
機会を見つけてまた来たいと思います。

あと残り1週間…早いなぁ。。

by tomoko

1.03.2018

フィリピン18日目

フィリピンに来てからと言うもの、バスのおじさんも洗濯してくれるお姉さんも、ご飯作ってくれるシェフも警備員のおじさんも、みんながみんな私のことを"マム"というので、「あー、他の子に比べて私は歳いってるからなぁ。。きっとお母さんって呼びかけられてるのね…」なんて思ってた。
そしたら、初歩的な間違いで恥ずかしいのですが、mom(母ちゃん)ではなく、ma'am(御婦人)という意味でした!
"Yes sir. "イエッサー!というのは男女共に使える言葉と勝手に思ってたけど、女性に対しては
"Yes ma'am ."イエスマァームが普通なのね。。
知らなったわー。でも母ちゃんじゃなくてよかった(笑)

by tomoko

最近のシゴト_05



「恐竜の詩」公式サイト、公開しました!
※ただし準備中ページあり!

http://kyouryunouta.com

ghostwriter